メロディメールを使った着メロの登録

 ここでは、Cメールのメロディメール機能を利用して、自分の携帯電話への着メロを登録する方法について説明します。ただし、最近のCメール対応機種では、Cメールのメロディメールに対応していませんので、この方法は利用できません。

 Cメールのメロディメール機能を利用して着メロデータの登録ができる機種は、携帯電話自体がメロディメールをサポートしている必要があります。さらに、ケータイ・リンクから送信メールとしてメロディメールを書き込み、携帯電話から発信したメールがメロディメールとして送信される機種か、ショートメッセージの発信が可能な機種という条件が付きます。携帯電話に書き込んだメロディメールを、メロディメールとして送信できる機種かどうかは、「携帯電話へのメールの書き込み(送信)」ダイアログのcdmaOne機種の対応状況の一覧表の「メロディメール書込・発信」の項目で確認してください。

 まず最初に、該当する携帯電話の着メロデータを着メロ帳に用意します。着メロデータの作成方法は着メロに挑戦 を参照してください。作成した着メロデータの着メロテキストを表示し、そのウィンドウ内でマウスの右クリックをして「すべて選択(A)」を選択し、着メロテキストデータが選択されている状態にします。そして、もう一度右クリックをして今度は「コピー」を選択します。これで、着メロテキストのデータがクリップボードにコピーされます。

 次に、メール帳でツールバーの[追加]をクリックして、「メール帳データの追加」ダイアログを開き、メロディメールの作成を行います。このとき、種類は、「送 メロH1」など先ほど作成した転送する機種に該当する着メロタイプのメロディメールを選択します。ここで、着メロ項目のウィンドウ内でマウスの右クリックをして、「貼り付け」を選択し、着メロテキストを貼り付けます。自分の携帯電話に着メロデータを登録しますので、本文がタイトルとして採用される機種以外は、本文の入力をせず、着メロデータを多くする方がいいでしょう。[追加]ボタンをクリックしてメール帳に登録してください。

 メール帳にメロディメールの登録が済めば、そのメールデータを選択して、ツールバーの[送信]ボタンをクリックして携帯電話にメロディメールを書き込みます。書き込んだメロディメールは、携帯電話に送信メールとして登録されていますので、そのメロディメールを自分の携帯電話宛てに送信します。

 このとき、自身の携帯電話の番号を相手電話番号に設定しておき、[通信]-[ショートメッセージの発信]メニューを選択して、メロディメールを直接発信することもできます。どちらか可能な方法でメロディメールを自分宛に送ってください。

 自分自身の携帯電話に届いたメロディメールを携帯電話の中で選択し、着メロとして登録してください。登録する方法はそれぞれの携帯電話の説明書を参照してください。

 以上が、メロディメール機能を利用して自分の携帯電話に着メロを登録する方法です。

 同様の方法でお友達などにメロディメールを送ることもできます。また、メロディメールに対応していない機種でも、直接発信するなどして、メロディメールを送ることができます。例えば、docomoの携帯電話から、cdmaOneの携帯電話にCメールのメロディメールを送ることもできます。

 

ヘルプトップページ