ファイル帳でのスクリーン画像(待ち受け画像)の書き込み

 

画像ファイルをファイル帳に登録

 ツールバーの[新規]アイコンをクリックして、「新規」ダイアログを表示し、ファイル帳を選択します。

 データの登録されていないファイル帳が表示されます。

 ツールバーの[追加]アイコンをクリックして、この追加ダイアログにマイピクチャのフォルダなどから用意した画像をドロップします。ファイル名やファイルサイズデータが表示されたら、ダイアログの[追加]アイコンをクリックします。必要があれば、備考にメモを入力したり、名前の変更を行います。また、対応機種一覧の注釈に記載がある場合は、指定の番号を No.項目に設定します。

   

 複数の画像ファイルをまとめて登録する場合は、画像を複数選択し、まとめてドロップします。まとめてドロップした場合は、自動的に全ての画像ファイルがファイル帳に登録されます。

 

画像ファイルの転送

 携帯電話に書き込みたいファイルデータを、ファイル帳で選択します。複数選択して一度に書き込みができます。携帯電話とパソコンをケーブルで接続して、ツールバーの[書込]アイコンをクリックし「携帯電話へのファイルの書き込み(送信)」ダイアログを表示します。

   

 携帯電話の機種によって、「転送先」を選択します。docomo機種は、「待受画像」を、au、Tu-Ka機種は、「データフォルダ(au,Tu-Ka)」を、SoftBank機種は、「待受画像」または「未送信ロングメール」の対応している方を選択し、[開始]ボタンをクリックします。「携帯電話と通信中」ダイアログが表示され、携帯電話との通信が始まります。ケータイ・リンクの指示に従って、転送を進めてください。暗証番号入力が必要な場合がありますので、その場合はケータイ・リンクの指示に従って、暗証番号の入力をしてください。必要がない場合は、そのまま転送を見守ってください。

   

 転送が終われば、自動的に「携帯電話と通信中」ダイアログは閉じます。docomo(mova)機種の場合は、「選択ファイルの上書き」と「選択ファイルを追加書き込み」の選択肢が選べますが、必ずしも両方の転送が利用出来るわけではありません。「画像ファイル上書き込みに対応していません。」もしくは、「画像ファイル追加書き込みに対応していません。」の表示になった場合は、他方の書き込みを選択してください。

 これで、携帯電話に画像の書き込みができました。携帯電話を操作して確認してください。

 ファイル帳に登録したデータは、まとめてファイル帳として保存しておくことが出来ます。ツールバーの[保存]アイコンをクリックして、名前を付けて保存してください。保存方法は、読み出したメモリダイヤルをそのまま保存と同様で、ファイルの種類が「ケータイ・リンク・ファイル帳(*.ktf)」となります。

 以前に保存していたファイル帳にファイルを追加登録することもできます。その場合は、最初に新規でファイル帳を開く代わりに、以前に保存したファイル帳を開いてください。 

ヘルプトップページ