着メロタイプ CM0 CM2

cdmaOne

au  C107K  C202DE  C301T  C303CA  C305S C307K C310T C311CA C313K C402DE C403ST C404S C406S C409CA C411ST C413S C451H

 

cdmaOne

au C302H C309H C407H C451H

[音階][半音][オクターブ][音の長さ]の4つの要素で1つの音符を表します。[半音]と[オクターブ]の指定の順序は入れ替わっても構いません。

テンポはデータの先頭に「テンポ」の文字列とそれに続く数値で指定します。扱えるテンポは、60〜170の5刻みの値です。

音程 表記 入力
ド d
レ r
ミ m
ファ ファ ファ f
ソ s
ラ l
シ t
休符 ・ − ● ○ 休 p
半音 表記 入力
半音上がる #
半音指定なし (なし) (なし)
半音下がる ♭ (なし)
オクターブ 表記 入力
1オクターブ上 ▲ △ ↑  ̄ ~ ∧ ^
中心オクターブ (なし) (なし)
1オクターブ下 ▼ ▽ ↓ _ _ ∨ v V
音の長さ 表記 入力
全音符(休符) 全 1
付点2分音符(休符) 2. 2. 2・
2分音符(休符)
付点4分音符(休符) 4. 4. 4・
4分音符(休符)
付点8分音符(休符) 8. 8. 8・
8分音符(休符)
付点16分音符(休符) 16. 16. 16・
16分音符(休符) 16 16
付点32分音符(休符) 32. 32. 32・
32分音符(休符) 32 32
64分音符(休符) 64 64
3連全音符(休符) 3つで全音符2つ 全3 全3 13
3連2分音符(休符) 3つで全音 23 23
3連4分音符(休符) 3つで2分 43 43
3連8分音符(休符) 3つで4分 83 83
3連16分音符(休符) 3つで8分 163 163
3連32分音符(休符) 3つで16分 323 323
3連64分音符(休符) 3つで32分 643 643

3連8分音符とは、3つ合わせて8分音符2つ分の音の長さになる音符をさします。表記を83としているのは、着メロ楽譜の8分音符に3を添えた表記に合わせています。他の3連の音符についても同様です。

この着メロタイプには、着メロの入力操作が存在しませんので、着メロテキストと同様となります。

 

着メロデータとしては、CM0とCM2は全く同一ですが、Cメールのメロディメールとして転送する場合のフォーマットが異なるため、着メロタイプも便宜上2つのタイプを用意しています。

この着メロタイプで作成したメロディデータの全ての音符情報が、各携帯電話で正しく再生できるとは限りませんが、各携帯電話専用の着メロタイプでは扱えない音符が、この着メロタイプでは扱え、それらの多くの音符を実際に各携帯電話で再生することもできます。ただし、正しく再生できても、着メロデータを表示すると、表示がおかしくなったり、表示と実際の再生音が一致しないなどの不具合を発生することもありますので、この着メロタイプのデータをメロディメールとして転送する場合は注意してください。

 

ヘルプトップページ  着メロタイプ一覧